鈴ん小屋日々のあわ



12月11日(水)は、「東京縛音舞」

12月11日(水)「東京縛音舞」
d0148264_12232967.jpg

d0148264_1223423.jpg

Photo/Mikan

緊縛師 有末剛と、音楽家 沢田穣治。二人が続けてきたコラボレーションイベント「 東京縛音舞(とうきょうばくおんぶ)」

様々なアーティストとのコラボレーションを果たしてきた2人が、今回も、新たな美しい世界を紡ぎます。

今回は鈴ん小屋(りんごや)に於いて、多岐に渡り活躍するミュージシャン サム・ベネット、表現豊かなダンサー  花夏海、可憐な美しさと表現を持つパフォーマー 田沢麻紀とコラボレーション。即興性に溢れながら、濃密に絡み合うそれぞれの個性とアート。官能のひととき、どうぞ存分にお楽しみ下さい。



【出演】
緊縛 有末剛

有末剛プロフィール:
70年代後半に緊縛師としてデビュー。以後、数多くの雑誌や映画で緊縛を担当する。国内外で精力的に緊縛ワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。近年は他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開。また現在、従来の活躍に加え、世界初の緊縛舞台「緊縛夜話」の定期開催、日本文化をテーマに独自のパフォーマンスを展開するイベント「エロチカジャポネスク」のプロデュースなど、更に活動の幅を広める。本年9月公開の壇蜜主演映画『甘い鞭』では緊縛を担当。出演もしている。


音楽 沢田穣治サム・ベネット

沢田穣治プロフィール:
音楽家、作編曲家、プロデューサー。
弦楽トリオChoroClubのベーシストでありながら、様々な楽器を愉しむ。
その活動は幅広く、近年はブラジルの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンの作品集「Canta Jobim」、
2011年の震災を受け止めて、音楽として昇華した「NO NUKES JAZZ ORCHESTRA」を制作した。
最近では中川瑞葉による日本初録音となるジョージ・クラム マクロコスモス2や希代のギタリスト馬場孝喜のソロアルバム、ウクレレと歌のtamamixなど、若手アーティストのプロデュースが続いている。
アルゼンチンやブラジルのミュージシャンからの信頼もあつく、ヘナートモタ&パトリシアロバート、ジョアンリラ、フェルナンドカブサッキ、など、来日する彼らとのセッションを重ねている。
また、アートやカルチャー方面へのベクトルも強く、緊縛師有末剛とのユニットや、ヨシダダイキチと浅野梅若のエースたちとの秋田民謡ユニットなど、日本独特の文化を取り入れ発信している。
沢田穣治のグルーヴは常に懐かしさと真新しさにあふれ、ゆりかごのように人を包み込む。

サム・ベネットプロフィール:
アメリカ南部、アラバマ州バーミンガム出身。
84年からニューヨークに在住し、サンプリングを駆使したエレクトロニック/アコースティックな打楽器奏者、またブルースをベースにしたソングライターとして、エリオット・シャープ、トム・コラらダウンタウンのクリエイティヴなミュージシャン達と活動を続け、91年から、自作曲によるCD作品をニッティングファクトリーワークスからリリースする。
86年に初来日、96年には東京に移住し、梅津和時との「Third Person」、ハブヒロシとの「S&H」、沼直也、沢田穣治との「SmokyDosages」、マルコス・フェルナンデス、清水博志との「The Metaphors」などのバンドで、自作の曲を三弦ギターのスティック・ダルシマー、一弦ギターのディドゥリー・ボウや、フレームドラム、トーキングドラムに自作のエレクトロニクス機材をまじえ、常に独創的な音楽を形作っている。


パフォーマンス 花夏海、田沢麻紀

田沢麻紀プロフィール:
2010年頃より、ぽつりぽつりと舞台を中心に活動。凛とした強い役が多く、声芝居や殺陣メインの舞台での活躍を経て、今年においては「有末剛 緊縛夜話」で、第二夜での主演、第三夜での出演を果たす。オムライスとホタルイカが好き。

花夏海プロフィール:
幼少の頃より常に踊りが日常にあり、バレエ、ジャズダンス、パントマイムなどに触れつつ、身体が自然に動くこと、音によって動くことを模索する。アフリカの太鼓との出会いをきっかけに、アフリカンダンスを日本・NYなどで学び、天河神社で奉納する機会にも恵まれる。縁と共に、クラブイベント、野外や神社などで踊る。有末剛氏の舞台「緊縛夜話」に、第3夜~第五夜に、続いて出演。豊かな表現力と魅力で、好評を得る。


【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前¥3000/当¥3500(D代別途)

【ご予約】 Emailとお電話(03-6382-7273/午後4時~23時まで)にて受付させていただきます。件名に【12/11(水)「東京縛音舞」予約】とご記入の上、本文にご希望の日付、お名前と電話番号、ご希望の枚数を添えて下記までお送りください。折り返し確認のご連絡を差し上げます。ありがとうございます。ringoya@arrow.ocn.ne.jp(前日23:00まで受付)

東京縛音舞Facebookイベントページでも受付しております。( https://www.facebook.com/events/213274752178207/ )
[PR]
by rin-go-ya | 2013-12-10 16:31 | 鈴ん小屋日記
<< 12月14日(土)は「師よ走れ... 12月9日(月)は、モーリーの... >>


らいぶはうすの鈴小屋(りんごや) 東京都豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1F tel.03-6382-7273
カテゴリ
全体
鈴ん小屋とは
オフィシャルHP
鈴ん小屋日記
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧